びーずる

ビーズ粘土 び-ずる の特徴
● 超軽量でつぶつぶの新感触の粘土です。
● 手が汚れず、手に付きにくいので扱いやすい粘土です。
● 着色のビーズ粘土を混ぜることで、絵の具の混色のようにいろいろな色のビーズ粘土が作れます。
● ビーズ粘土は極小の発泡ビーズと透明の糊と顔料で作られているので混色しても、絵の具のように色が鮮
明です。


★ はずむ粘土
 まるめて床などに落とすと、ボールみたいにはずみます。

★ 平面の絵を凸凹のある立体的表現に
 紙によく接着するので、平面の絵がビーズ粘土で凸凹のある
立体表現になります。

★ 乾いたビーズ粘土にもビーズ粘土はくっつきます
 乾燥したビーズ粘土にも、やわらかいビーズ粘土がそのまま
接着するので、従来の粘土では考えられない粘土の造形ができます。

ビーズ粘土 び-ずる の使い方
軽く極小の発泡ビーズと糊でできている不思議な粘土です。

この(ビーズ粘土)材料の特性から、ビーズ粘土を扱うときは常に手のひらでまるめることから始めて下さ
い。
ビーズ粘土は、最初にまるめることで、軽い発泡ビーズがビーズ粘土の回りを包むようにかこんだ状態となる
ので、ベトつかず手も汚れません。
逆に、ビーズ粘土をまるめないで扱うと、のりがまるで納豆のように広がり、扱いにくい状態になります。

びーずるについての詳しい情報はここをクリック
http://beadzzle.tc8.co.jp/



トップへ
トップへ
戻る
戻る